大阪のキャバクラの特徴【名古屋のキャバクラとの違い】

管理人:セルジオ
この記事ではこんなことを知ることができます♪

  • 「北新地」と「ミナミ」のキャバクラはどれ位稼げる?
  • 「北新地」と「ミナミ」のキャバクラはどんなお客さんが来る?
  • 「北新地」と「ミナミ」のキャバクラではどんな子が働いている?
  • 名古屋のキャバクラとどう違うの?

大阪にあるキャバクラの時給

大阪にもキャバクラはたくさんあります。
キャバクラは地域によって様々な特徴があり、そのなかでも大阪のキャバクラはかなり特徴的!

大阪にも有名キャバ嬢はたくさん存在し、進撃のノアさんや門りょうさんの名前も有名ですよね。

そんな大阪のキャバクラが多い繁華街として取り上げられることが多いのが、北新地とミナミです!
この2つの地域のキャバクラの時給相場について、まずは紹介していきますね。

北新地

北新地はいわゆる高級キャバクラ街で、錦のキャバクラと同様時給7,000円くらいの高時給で働ける高級な雰囲気のお店が多いです。

バックの配分も高く、なかには時給制ではなく売上折半制を選べるお店も珍しくありません。

大阪ミナミ

ミナミのキャバクラは北新地の一方でカジュアルに飲めるお店が多いので、料金設定もリーズナブルなら、時給も北新地に比べると低めで、5,000円くらいのところが多いです。

それでもミナミは関西では一番キャバクラの店舗が密集している地域でも合って、競合店が多いので未経験でも他の地域より高時給でスタートできます!

大阪にあるキャバクラの特徴

時給だけでなく、大阪のキャバクラには様々な特徴があります!
客層やキャバ嬢の雰囲気、お店そのもののシステムなどなど、大阪ならではの特徴があるので、エリアごとの違いについて教えていきますね!

北新地

北新地はキャバクラの高級店が多いことと合わせて、会員制の高級クラブなんかも多いです。

なので、キャバクラも高級感があって接客レベルが高いキャストが多数在籍。

特に本業でキャバ嬢をやっている人が多く、ミナミや他の地域で名を上げたキャバ嬢が集結しているハイレベルなエリアですね。

お客さんもそれに合わせてお金持ちなお客さんや芸能人、それから接待目的のサラリーマンも珍しくありません。

大阪ミナミ

対して大阪ミナミのキャバクラはリーズナブルで、サラリーマンの仕事終わりの遊び場みたいな雰囲気になっています。

ただ、観光地としても有名なので観光客や、リーズナブルなお店には若い人や学生なんかも集まりますね。

それに対してキャバ嬢も、学生をしながらなど、本業でやっている人はもちろん副業やバイト目的でキャバ嬢をやってる人も多いです。
大阪なだけあって、やっぱり話し上手・盛り上げ上手なキャバ嬢が比較的多いそうですよ。

それから、大阪ならではのシステムが「持ち込み料」です。

特にミナミのキャバクラでは主流になっていて、お客さんがお酒やフードをお店に持ち込んで食べることができ、その際に持ち込み料金が請求されます。

お店でフードやお酒を入れるより安上がりなので“大阪ならでは!”と言った雰囲気のシステムですね。

名古屋のキャバクラとの大きな違い

名古屋のキャバクラと大阪のキャバクラの相違点と共通点についてまとめますね!
大阪と名古屋の違い

  • 北新地はキャバ嬢を本業でやっている人が多く、ノルマがあるお店も珍しくない
  • 大阪のキャバ嬢は話し上手、名古屋のキャバ嬢はノリが良く派手な傾向がある
  • 大阪はお店によって持ち込み料が設定されている
大阪と名古屋の共通点

  • 錦と北新地、栄とミナミで分けると似通った客層や雰囲気の店舗が多い
  • どちらもキャバクラが観光地化している

このように、大阪と名古屋のキャバクラだけで見ても、様々な違いがあります。
ただ、働く上での共通点も多く、特に明るい接客がウケるところは大阪と名古屋、両方に言える特徴です。

ある程度名古屋で接客経験を積んで、移籍を考えているなら思い切って遠く離れた大阪で新たなステージへ、というのも楽しそうですね!

愛知県新幹線の停車駅『豊橋』のキャバクラの特徴

2019.02.01

名古屋に隣接しアクセス抜群の『春日井』のキャバクラの特徴

2018.10.01

名古屋1の歓楽街『錦(錦三丁目)』と『栄』のキャバクラの特徴

2018.02.11